看護師・CAのつぶやきを言葉にしてみたブログ

看護師だった頃、CAだった頃を振り返り、これからの若者に役立つ情報をまとめてみました!英語・TOEIC学習法・看護学生のお役立ち情報を言葉にしたブログです♪女性には避けられない美容情報も満載です。

歯並び

歯並びが悪いと美人が台無し?欧米人と日本人との決定的な差とは?

投稿日:

近年、まだまだ高額であるとはいえ歯科矯正が身近なものになってきたように感じます。芸能人がいつのまにか以前にはあったはずの八重歯がなくなり、歯並びが綺麗に整っていることも少なくありません。歯並びの良い白い歯は美人の特徴でもあり、美意識の高い女性は、お化粧だけでは物足りず、歯を美しく保つことにも専念されていることも多いです。

特に航空会社の客室乗務員(CA)は、面接で第一印象を厳しくチェックされることから、歯並びには神経質になる傾向にあります。外資系航空会社では、いくら美人であっても歯並びが悪いと面接で落とされることも多く、CA受験生たちは、歯科矯正に通ったり、受験を諦めることもあります。国内系航空会社でも外資系ほどではないにしろ、矯正器具を装着したまま面接を受けることや、乗務にあたることは禁止されていることが多いです。

しかし、一昔前の日本では、八重歯がチャームポイントだったり、可愛いという印象を持たれることが多かったはずです。欧米ではそのころからすでに歯に関する意識が高く、歯並びが悪いことはタブーとされてきました。その理由としては、欧米人特有の意思表示を大切にする文化であることがあげられます。欧米人は、表情豊かに大きく笑い歯を見せる機会が多い人種です。反対に日本人は、大きな口を開けることが「はしたない行為」としての文化が根付いており、口に手を当てて笑うことが良しとされてきました。この意識の違いが、歯並びに対する美的感覚が異なるものになってきたのでしょう。

欧米社会では、美しい歯を見せることが円滑な社会生活につながるため、親が子供に早期に矯正させることに積極的なのです。ヨーロッパでは、健康保険で矯正にかかる費用をカバーしている国も少なくありません。日本のCAの受験対策からみても、歯並びに関する意識が少しずつ欧米化しているように感じられますが、まだまだ追いついていない現状です。おそらく今後は、日本人も歯並びやホワイトニングに関する意識が高まってくることが良そうできます。

しかし、そもそも日本人は、欧米人に比べ顎の骨格が狭く歯並びが悪くなりやすい傾向にあります。さらに食文化により昔に比べ硬いものを食べなくなった日本人の顎は、発達が不十分になってきていています。そのため、出っ歯や八重歯といった、上顎のアーチが狭いために突出しやすくなるのです。このような症状に早期から気付いた親は、子どものうちに治したいという気持ちはあるものの、日本では保険が適用されず、高額な治療費を払う必要があるため、なかなか踏み出しにくくなるのも無理はありません。その結果、CA受験者のように、世界に羽ばたこうという瀬戸際で、歯科矯正を強いられる結果になるのです。日本人は、世界的に見て、まだまだ歯並びを社会的なマナーとして考えられてはいません。今後、さらに国際化がすすめば、CA受験者たちのように、慌ただしく歯並びについて考えることになるのかもしれません。

ca 歯並び

-歯並び
-, , ,

執筆者: